メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


日本銀行が4月4日に決定した「次元の違う金融緩和」は株価を上げるのか。

日本銀行が4月4日に決定した「次元の違う金融緩和」は株価を上げるのか。

黒田総裁が行った金融緩和は、

・世の中に出回るお金の量を2年間で一気に2倍にする
・日銀による長期国債の買い入れの拡大
・リスクが高い資産の買い入れの拡大

つまりは、「2年以内に2%のインフレ率を実現させる」
という宣言を推し進めるというわけです。

大量のマネーを供給し、国債を購入する。
→銀行に大量のお金が貯まる。
→今まで銀行が買っていた国債が買われている。
→お金が余る。

ここで様々な企業や不動産に投資される可能性はあるのですが、
少子化で日本の不動産は、東京など一部を除いてあまり期待できないのではないかと
思います。

やはり株式市場に流れるんじゃないか。と考えるわけです。

実際に日経平均もあがってますし、それを見越してみんな購入に至っているのでしょうね。

関連記事


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ