メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


アノマリー(経験則)を利用して投資する アノマリー投資まとめ

アノマリーは、マーケット(相場)において、はっきりとした理論的な根拠をないが、
よく当たるとされる経験則のことを指します。




有名どころで言う、5月天井とか10月効果などという格言にもなっていますね。



例えば、2013年のアベノミクス相場。
一度目の天井は、5月23日でした。
まさに、5月天井


代表的なアノマリーを挙げてみましょう。


・12月の株価は安く、逆に1月の株価は高い
⇒これは大抵そうですね。年内に手仕舞して、年初に新たに買うのでしょう。

・月曜日の株価は高い
⇒月曜日に悪く、金曜日がもっとも良いという話も聞いたことがあります。理由としては、企業の決算発表が金曜日であることが多く、
 週明けに一気に売られるからなんだとか。

・日本株は4月に上昇しやすい(4月効果、新年度相場)
⇒まさに年度が替わるからでしょう。

・米国株は10月に安値を付けやすく、10月に買うと儲けやすい(10月効果)
⇒ヘッジファンドの決算近い事も関係しそうです。

・取引最初の45分がもっとも際立った上昇を示す。
⇒とりあえず寄り付きで買うのはよくないと思います。相場が極端に振れる傾向があります。



という感じです。
全く根拠がないというわけではないのです。


<役立ちそうなサイト・本をまとめます>


アノマリーとは |  金融経済用語

用語を正確に理解できますし、もっと多くのアノマリーが掲載されています。


私のアノマリー投資法 毎年12月末に買い、5月連休明けに売る

ファイナンシャルプランナーの方が送るアノマリー投資。

私の30年近い投資経験においても、「一定の条件下において」かなりの確率で繰り返し再現される現象は確かに「ある」と感じています。本日は、私のアノマリーを活用した投資法をご紹介します。



株式市場の“非合理”アノマリーで読む株価の動き

例えば、アメリカには「5月に売って、どこかへ行け(Sell in May and Go Away)」という格言があります。



株は10月末に買うのが吉?アノマリー投資のすすめ

株式投資にもっとも向いているのは10月末



アノマリー投資法

1月 新春株高、2月 節分天井、3月 彼岸底、4月 花冷え相場、5月鯉のぼり相場、6月 梅雨調整、7月 サマーラリー、8月 お盆閑散相場、9月 彼岸底、10月 稲穂相場、11月 ヘッジファンドのポジション調整相場、12月 餅つき相場、などと月ごとの特徴がネーミング




関連記事


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ