メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


ブルとベア なんで牛と熊?実は羊と豚もいるのです。

株のニュース記事やコラムなどを読んでいると度々でてくる言葉として、
ブルとかベアという言葉を目にすることがあると思います。


なぜブル、ベアというようになったかというと、世界の金融の中心たるウォール街は、
その名の通り、壁があったのです。近くに家畜を育てる牧場があり、家畜が逃げないように
壁をつくったのがウォール街。


そして、ブルというのは、牡牛のこと。
牛は角を立てて、下から上へすくいあげるように戦います。

株価も下から上にあがることを強気。ブルというようになったのです。


対して、ベアは熊。
熊は、鋭い爪を上から下へ振り下ろします。

株価も上から下に下がって稼ぐ(空売り)ことを弱気。ベアというのです。


実はブルとベア以外にも仲間がいるのを知っていましたか?


その仲間とは、シープとピッグ。
羊と豚ですね。


豚は、強気相場でも弱気相場でも失敗して、ブルとベアに踏み潰される投資家のことをいいます。
いわばギャンブルように熱くなってしまう負け犬投資家です。


そして羊は、臆病者。
相場に参加しようとしないもののことをいいます。



関連記事

株シミュレーションゲームってどうなの?
株式投資で成功するための資質
株は副業とみなされるか
株式投資に当たり最初にすべきこと。師匠を見つける。
金融界の「カモ」や「サギ」に引っかからないための5つの方法
【ブログ紹介】しがないサラリーマンが一億円を目指して奮闘
【ブログ紹介】20万円から始める株トレード
【儲ける習慣】株式投資で稼げる人とは。駄目な投資家 3つのパターンから抜け出す方法
アンチバフェット型投資 景気サイクル投資法 (Pan Rolling Library)
【株式投資入門】株式投資成功に必要な「3つのM」とは
【株式投資入門】銘柄選びだけでは勝てない。相場の常識を知れ。
【株式投資入門】まず自分のスタイルを見つける


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ