メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


株で儲けるための習慣 その2 記録をつけろ





株式投資の本を読んでいると、皆、いうことが違います。

短期の方がリスクが少なくて良い、
いや株は長期投資だ。
テクニカル投資は、株価はすべてを織り込んでいるという考え方を元にしているが間違っている。

などなど。


しかし、共通しているところもあります。
それは株式投資の記録をつけるということです。

これに関しては、どの大投資家も、投機家もつけろといっています。


私もこれには賛成で10年くらい記録を取り続けています。


どんな内容を記録しているのか?


それは、株式を買った日時、株価、株数、買った理由。
そして、売却時の日時と株価、株数、売った理由。


これが基本です。
それから、利益確定額と損切り価格。


一番大事なのが購入、売却時の理由。
なぜ買ったのか、なぜ売ったのか。ということです。

なぜ大事なのかというと、あとで見返して、ここで買った(売った)のが正しかったのか評価できるからです。

失敗したのなら、二度とそれを信用しない。



それから利益確定額と損切り額。
これも重要です。


塩漬けにしてしまう人が多いですが、それは短期のつもりで買った株の値段が下がってしまって
いや、長期に切り替えるんだと、そのまま持ち続けてずるずる確定するのを先延ばしするということです。

また逆に欲がでてきてしまい、利益がもっと上がるんじゃないかと待ってしまい、
やがてピークが過ぎ、落ちてしまう。


そういった問題を防ぐために利益確定額と損切り額を買った時点で決めてしまうのです。


私も実は、理由や利益確定額というのは最近つけだしたものです。
そして飛躍的に稼ぎがあがりました。


以下の本を読んで理解しやり方を取り入れました。



この本の著者は、あの投資苑の作者。アレキサンダー博士です。

おすすめですよ。

確定ポイントを明確にすることで、心理的にも落ち着きますし、いいことは多いです。
もちろん、もっと持ってたら上がってたということはありますが、それはそれ。

一旦確定してからまた買えばいいのです。



関連記事

今から株式投資をはじめようと思っている初心者へ
株は高値で買うべき。高すぎるから待つのは愚作。
日本最大の投資家向け専門店 トレーダーズショップ
外国人投資家の買い意欲を調べる方法
最近の株式売買の反省・・
株で儲けるための習慣 その5 マクロ経済、世界、将来を見据え、日頃のニュースを追う
NISA資金は短期に弱い。それを狙うという戦略
【干支効果】アノマリー(経験則)的にいって、午年の株式市場はどうなるのか 
【株式投資基礎】あがる株は3つの特性がある
【株式投資入門】株式投資成功に必要な「3つのM」とは
【株式投資入門】まず自分のスタイルを見つける
【儲けの兆し】次のパズドラは何だろう。


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ