メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


NISAの本質について考えてみた

NISA。
少額投資非課税制度のことですが、来年から施行されるということで盛り上がり初めて見ます。

これ、税金がかからなくなるんです!!ということだけを大きくアピールしていますが、
落とし穴はないのか。


いろいろと調べてみました。

私も専門家ではないので、難しいことは分かりませんが、一言で言えば、

損しても得しても結果に対して、税金も緩和措置も何もない。

というのがNISAです。



要はどういうことかというと・・




普通、株で20万円以上、儲けると税金が20%かかります。
(2013年までは減税で10%)

つまり100万儲ければ、20万の税金を払う必要がある。



しかし、NISA口座であれば、税金がかからないので、
100万利益を出しても、(ただし、NISA口座に入れられるのは100万円まで)




税金は0円。




得してますね。
本来20万払わないといけない税金が0なのですから。






損した場合は。

NISA口座に入れた100万で買った「A株」が暴落し、10万円になった。
平行して特定口座の100万で買った「B株」が高騰し、200万円となり、100万円利益が出た。



この場合のはどうなるのか。

特定口座の100万円に対して、20%の税金がかかり20万円とられます。
NISAは税金がかからないので、(損もしてるし)、税金は0円。

つまり。
「A株」NISA 結果10万円 損失90万円 税金0円
「B株」特定 結果200万 利益100万円 税金20万円


というわけ。


もし、NISA分の株も特定口座に入っていたとしたら

特定 
「A株」結果10万円 損失90万円 
「B株」結果200万 利益100万円 
差引 利益10万円 税金0円


となるのです。

損した場合は、NISA口座と特定口座両方で運用している場合、さらに税金まで取られてしまうというのです。


つまり、

損しても得しても結果に対して、税金も緩和措置も何もない。

ということなんです。


税金上、NISAに入っている株は、なかったことになっているのです。




NISA本、売れ行きランキング。
NISAはじめるなら。


関連記事

株式投資で成功するための資質
株式投資に当たり最初にすべきこと。師匠を見つける。
株は高値で買うべき。高すぎるから待つのは愚作。
株で儲けるための習慣 その2 記録をつけろ
金融界の「カモ」や「サギ」に引っかからないための5つの方法
株式投資書籍販売専門サイトつくりました
最近なかなか株式市場が低迷していますが、こんな時こそ勉強
【株基礎知識】株価が下がっているときに購入を考える銘柄
【株基礎知識】ヘッジファンドの決算時期はいつ?
【株式投資入門】株式投資は敗者のゲーム
【株式投資入門】まず自分のスタイルを見つける
【株入門】株、はじめて買います。な人にお勧めの本


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ