メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


【投資本レビュー】出来高・価格分析の完全ガイド ――100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす



良本です。

特にテクニカルを重視する人向きでしょう。



テクニカル指標というものが数多くありますが、これらは株価と出来高を元に作られているのです。



しかし、その出来高というのは、なかなか理解されていない。
私もこの本を読むまで、そこまで気にしてなかったのですが、読んでみて、はっとしました。


まさに目から鱗が落ちたと言う奴です。



出来高は、買いと売りの取引が成立した数です。
つまり、出来高がおおければ多いほど、その銘柄が注目されており活況にあるといえます。

活況にあると言うことは、普通、株価はその出来高に比例して、上がるか、下がるかしなければなりません。



しかし、例外があるのです。
出来高がとてつもなく多いのに、あまり上がらない。
下がらない。


これは一体どういうことか。



逆に出来高がないのに関わらず、とてつもなくあがったり、下がったりすることもあります。


これはどういう意味を表すのか.



著者はこれをマーケットメーカーによる仕業といっています。
我々日本人からすると、仕手筋、大口、機関投資家、外国人などといわれます。


これを読むと彼らのやり口に絶望し、そして脱帽します。


そして、追随できないかと考えるのです。









関連記事

投資は勉強するほど良い。投資の基本は投資苑
「金融神話」すべての個人投資家に贈る。金融の裏側
アノマリー投資 市場のサイクルに基づいて売買する
株式投資書籍販売専門サイトつくりました
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学
アンチバフェット型投資 景気サイクル投資法 (Pan Rolling Library)
悩めるトレーダーのためのメンタルコーチ術
【投資本レビュー】坂本タクマのパチンコトレーダーシリーズ ~4が出たよ~
【投資本レビュー】ゲイリー・スミスの短期売買入門 ──ホームトレーダーとして成功する秘訣
【投資本レビュー】ピーター・リンチの株の法則---90秒で説明できない会社には手を出すな
【投資本レビュー】規律とトレーダー 相場心理分析入門
なぜ、ギャンブル中毒で死を覚悟した男が1年間で日給100万円トレーダーになれたのか?


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ