メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


システムトレードの基本と原則 当サイト推奨

投資を学ぶにあたり、私は100冊近く投資本を読んできました。

一冊あたり5000円以上もする珍しくありません。



その中で一番いい!と断言できる本が、このシステムトレードの基本と原則です。







著者ブレント・ペンフォールドは有名なトレーダーではありませんが、活躍できる選手と監督が
違うように教え方のうまい、下手はトレードの有名さには関係しません。


例えば、伝説的トレーダーのラリーウィリアムズの本は、素晴らしいですが非常に難しく、理解が大変です。


しかし、このシステムトレードの基本と原則という本は、分厚く英語の和訳でありながらも数々の実証結果とともに、なぜこの戦略、資金管理法が最適なのか論理的に説明しているので、わかりやすい。




日本人の本は、××で1億儲かる!とか煽りコピーばかりが氾濫し、ロクでもない本が多いので読みづらいし、日本株を扱っていなくても海外の和訳本を読んだほうが投資の本質を理解するのに役立つと思います。




投資本の和訳といえば、パンローリングの本ですが、この中で一番よかったのがこの本でした。



システムトレードを題材としていますが、そのやり方自体は普遍的なものです。



売買ルールなんかは、システムトレード独特ですが、リスクを抑えてリターンを最大限にとる資金管理は一見の価値アリです。

関連記事

「金融神話」すべての個人投資家に贈る。金融の裏側
アノマリー投資 市場のサイクルに基づいて売買する
何十冊も投資本を読んできた私が、初心者に勧めるとしたら・・・
ニュートレーダー×リッチトレーダー 株式投資の極上心得
アンチバフェット型投資 景気サイクル投資法 (Pan Rolling Library)
【購入レビュー】スーパーストック発掘法 ──25億ドルもの株式を売買し、市場と3万時間格闘したトレード術 (ウイザードブックシリーズVol.222)
【投資本レビュー】マーケットの魔術師 エッセンシャル版--投資で勝つ23の教え
【投資本レビュー】出来高・価格分析の完全ガイド ――100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす
【投資本レビュー】坂本タクマのパチンコトレーダーシリーズ ~4が出たよ~
【投資本レビュー】ピーター・リンチの株の法則---90秒で説明できない会社には手を出すな
【投資本レビュー】「敵」と「自分」を正しく知れば1勝1敗でも儲かる株式投資
【投資本レビュー】規律とトレーダー 相場心理分析入門


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ