メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


【考える株式投資】投資日誌、収支記録を書け

様々な稼いでいる、成功している投資家、トレーダーの話を見て、日夜研究しています。

まあ、様々な意見があります。


チャートなんか見るなといっている投資家。チャートだけで投資するトレーダー。
チャートすら見ず、板しか見ないデイトレーダー。

材料で盛り上がっている銘柄しかトレードしないトレーダーもいれば、逆にダレも買わない銘柄を買うトレーダーもいる。


自分に合った投資スタイルを見つけろ。といっているのは、このあたりの事情なんです。


私は長期投資は、飽きてしまうのでスイングトレード、中期トレードにどうしてもなってしまう。
デイトレードには挑戦したいですが、いまいち勉強不足で板などがよくわかっていないので、チャレンジできていません。
いつかは、やってみたいですが。



話が逸れました。


そのように数多くのスタイルがあり、成功しているトレーダーはこの投資方法。という人はいないのですが
一つ共通している習慣があります。


それが、投資日誌を書いているという物です。



買った株の銘柄、値段、買った理由を書く。
売った値段とその理由を書く。

最低限それだけでも、後から見直すことが出来るのです。


そして自分はどういう銘柄が得意なのか、買いが得意のなのか、売りなのか。
そういった傾向も見えてきます。

得意な銘柄の数量を増やし、逆に苦手な銘柄の数量を減らす。それだけで収支が改善されていくはずです。


また記録することで熱くなってきた頭をさます効果もあります。


トレードは、資金管理、手法、そして心の規律が大事だということですが、この規律と資金管理に投資日誌や収支記録は
効果を発揮します。



また、場合によっては手法自体にも良い影響を与えるでしょう。



関連記事


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ