メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


【考える株式投資】業種別株価指数を使って、業界全体が上げている銘柄を買う

前回、個別株はじぶんより大きなものの影響を受けるとお話ししました。

日経平均全体の影響を受けると。


今回はその次に影響を受けるものについて。
それが業種です。


業種別株価指数の見方


例えば、野村證券と全日空、どちらを買おうか悩んでいるとします。

業種はもちろん、野村が証券業で、全日空が空輸業です。



下記が業種別株価指数を表しています。



引用
業種別株価指数


証券業は、プラス7.71%と絶好調です。

逆に空輸業は、マイナス0.40%。
他の業種は全て上げているのに、空輸だけマイナス。


この場合、野村は買いですが、全日空はやめておいた方が良いと判断出来ます。


勿論、ファンダメンタルズ的に国の政策が円安誘導しており、またマネタリーベースを増やしているため
流れるお金が増え、金融、証券に期待ができる。

円安のため、燃料費高騰が嫌がられて、空輸は下げる。


ということはわかるかもしれませんが、その影響はこういった指数を見るのが一番よくわかるのです。



個別銘柄の業種はどこに属しているのか?


YAHOOファイナンスや証券会社の情報で分かります。
例えば、野村の場合、




こんな感じで、左上にしっかりと「証券業」と記載されていますね。




関連記事


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ