メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


【話題】 テレビ局が、下げ止まらない “視聴率”に泣いている…関係者 「大幅値下げしても、テレビCMの広告枠が埋まらない」

こういったニュースをみていると、テレビ局の株は怖くて買えないのです
「表向きは、高額な値を付けているテレビCMの広告枠ですが、裏では大幅値下げが当たり前。
それでも枠が埋まらないので、二束三文の値段で出したり、他の番組を買ってくれた時の“オマケ”にしたり。
まるで売れ残り一掃の“バーゲンセール”みたいだと、局内の士気は下がりっぱなしです」(テレビ局関係者)

こんな大幅ディスカウントを余儀なくされているのも、広告主がカネを出す根拠となっている視聴率が下がり続けているからだ。
テレビ局が、下げ止まらない“数字”の悪夢に泣いている。

1982年10月にスタートし、「単独司会者の長期間生放送」のギネス記録を更新し続けてきた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に続き、
17年間続いた朝の情報番組『はなまるマーケット』(TBS系)も来年3月に終了。

これを機会に他の長寿番組にも“整理”の手が及ぶのではないかとテレビ局関係者は戦々恐々としている。制作会社社員が語る。
「『いいとも!』も『はなまる』も、年々視聴率を落としていて、打ち切り話が出るのはここ数年の改編期の恒例となっていました。

それがなぜ、たて続けに長寿番組が終わることになったのか。長寿番組には必ずといっていいほど“番組の顔”がいます。
この人たちのギャラの負担と“数字”のアンバランスに、これ以上耐え続けられないと判断したのが今年だったということでしょう」

本誌の独自調査によれば、『いいとも!』はこの10年だけでも11.1%から6.0%に、『はなまる』は6.0%から3.4%に視聴率はほぼ半減。
『いいとも!』がかつて最高視聴率27%台を記録していたことを思えば、まさに栄枯盛衰である。

http://www.news-postseven.com/archives/20131210_230646.html

関連記事

【材料】なぜこの株騰がったの?【思惑】
資産運用始めたいんだが…
リボ払い地獄から抜け出せない人のスレ3
サムスン電子株が一時5%超下落 7日発表の業績予想に懸念[01/02]
信用全力二階建てした日経レバレッジETFを3.5億円分保有する個人投資家(40代)の含み損の今
【株式投資漫画】株式投資を題材に扱っている漫画
甘利大臣「GDPが当初の予測と全然違う 調べたら低所得者の消費が酷いことになってた 経済対策すべき」
2014年テンバガー候補銘柄13【夢も10倍】
Twitterツイッターをやってる日本株の億トレーダー©2ch.net
信用取引で追証&不足金きたやつ
ウルフ村田
専業って暇過ぎないですか?


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ