メインメニュー

スポンサードリンク

システムトレード

システムトレード
システムトレードソフトの比較、検証など

イザナミ
システムトレードソフト「イザナミ」の使用方法、設定、売買ルール

株式投資で利益を出す為のトレーニング

株入門

考える株式投資

株式投資実践

株式投資のための勉強本

株式投資書籍専門サイト

株式投資本レビュー

株式投資情報まとめ

株式投資情報まとめ

本当に怖い株式投資

株大暴落の思い出

株の本も何冊か読んだ1年目の初心者が陥りがちな失敗を、過去を振り返りながら説明。
株は、本をちょっと読んだくらいではわからないのです。また本の9割は、株式投資のやり方だけで、稼ぎ方は書いていない。

株式投資悲惨な話、興味深い話



応援クリックおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


事業主借と、事業主貸という考え方。

事業主借と、事業主貸という考え方。
 
 

個人事業主として、青色申告するときの一つの壁じゃないかと思います。
 

わたしもさんざん悩んで、学びました。(まだ完全じゃないかも)

とりあえず、自分自身への理解を含めてブログでまとめていきます。
 
 

まず、通常の個人では、自分の収入はすべて自分の収入です。
当たり前ですよね。

しかし会社の収入を、自分の収入している社長がいたらどうおもいます?
 
 

これ横領ですよね。

つまり個人と業務の収入、支出をきっちり分けるための考え方が、
事業主勘定というものになります。
 

事業用のお金を個人として使った。
→事業主貸

事業主から個人に貸してるわけですね。

逆に、事業で必要なものを個人から借りて、購入した
→事業主借

事業主は個人から借りたわけですので、当然ですよね。

 
 

事業主を中心としてみて、個人に貸すのか、借りるのか。

という違いが、事業主借と、事業主貸ということです。
 

どうですか?わかりやすかったですか?

関連記事


にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

株式スイングトレード ブログランキングへ


スポンサードリンクなど

ヘッジファンド投資のことならヘッジファンド証券

自動販売機設置に関する無料相談

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

コメントを残す

サブコンテンツ

トレーダーズショップ

スポンサードリンク

このページの先頭へ